21世紀に入り社会は衣食住ともに快適さを得られるようになってきました。

  しかし、一方ではその代償として、私たちは「食の安全・安心」という最も大切なものを失いつつあります。

 

 このような時代環境を踏まえ、私たち一般社団法人大豆デザインLabでは、日本の豊かな大地で育った大豆、日本の食文化の魅力の1つである「発酵」に注目し、「乳酸菌のちから」を活用し、先人から伝えられた技術を用いて研究・開発をしてまいりました。

 

 

 

 食べ物の中で栄養価がとても高いのが『大豆』!!

 その大豆の栄養がそのまま入っているのが『豆乳』です

 近年は飲みやすい『豆乳』がいろいろ販売され、注目を集めているもの  の、なかなか広がらないのもまた事実です。

 

 私たちはこの『豆乳』に着目し、栄養価の高い『豆乳』と、日本の食文化の魅力の1つである『発酵』を使って、人々の身体によいものが出来ないか研究・開発をしてまいりました。

 

 この度、豆乳をベースに大豆の持っている「高い栄養価」、そして植物性乳酸菌の持っている「ちから」をあわせもつ商品が完成しました。

 

 

 私たちは単に商品の製造・販売するだけでなく、地球環境との調和を基本に考え、みなさまの健康向上に役立つ社会をつくることを目指します。

               一般社団法人大豆デザインLab

                                代表理事 矢野 恒